Special
solutions & services for your business
Quisque nulla. Vestibulum libero nisl, porta vel, scele risque eget, malesuada at, neque. Vivamus eget nibh. Etiam cursus leo vel metus.
2013-10-07
Author: blogger

床ずれとは体に加わった力が骨と皮膚表層の間の軟部組織に伝わり、血流の低下が一定時間持続されることで、組織が破壊されるものです。
寝返りを打てない人や座りなおしができない人、痛みを感じにくい人などに起こりやすいです。床ずれができる要因としては、加齢に伴い皮膚が弱くなり外界からのバリア機能を十分に果たしていないこと、不適切な体位交換などで皮膚に摩擦が生じること、尿・便失禁による湿潤、全身の栄養状態の低下などがあげられます。


 床ずれを起こす外力は圧迫だけではありません。圧迫部位の周囲では皮膚を引っ張る力、皮膚を引き裂こうとする力が加わっており床ずれの発生に大きくかかわっています。
床ずれ対策として円座を使うことをよく目にしますが、局所のみの圧迫をとっても周囲からの引っ張る力が加わるため必ずしも床ずれに良いとは言えません。
 床ずれの予防には体位変換が欠かせません。
体位変換は二人一組で行うのが基本となります。力任せに一気に体位を変えようとすると摩擦を生じてしまうからです。クッションなどを利用し適切なポジショニングを行いながら、長時間同じ姿勢をとらないように体位変換をすることで床ずれを予防しましょう。
床ずれは「じょくそう」と呼ばれることもあります。
患者が長期にわたり寝たきりなどで同じ姿勢をした場合、体をベットで接触した場所の血行が悪くなりその部位の組織が壊疽したものを差します。 床ずれの原因として内的原因と外的原因の2つが考えられます。内的原因は加齢・低栄養・麻痺・乾皮症などが挙げられます。
外的原因は体とベットの接触部分にかかる圧力によります。採血の結果、血清アルブミンや亜鉛が低地の場合、栄養状態を改善します。



 床ずれは発生する前の予防が大事です。床ずれは除圧・減圧(支持面の調整と体位変換)・皮膚の保湿と保清・栄養管理が基本です。
入浴は推奨され脱水予防の兼ねて栄養士の関わりが重要となっています。
 また床ずれを予防する為に体位分散寝具が重要です。
メディカルムートン・ウレタンフォームマット・エアマット・ウォーターマットがあります。体位変換は2時間が基本ですがこれらの分散寝具を使用することで4時間の間隔で変換を行う事もあります。